LINEの未読、既読スルーする男性心理。【音信不通・頻度が減る】

なんでLINEで質問してるのに未読、既読スルーなの?

前回は連絡頻度の変化について書いたので、目を通してみてください。↓

現代においてLINEは当たり前のコミュニケーションツールになりましたが、未読、既読スルーの悩みもセットなのではないかなと思います。

「体の関係を持ったっきり返信がない」「真を突いた質問になると返ってこない」こういった内容で悩む女性がとても多いですよね。

早速、スルーする男性心理について考えていきますよ。

  • 本当に忙しい。(急病なども含む)
  • 質問に対する答えがない(何も考えていない)
  • 向き合うつもりがない。
  • ちゃんと理由はあるが言葉がうまく使えない。
  • 文章が長い。(めんどくさい)

上記の理由があるのですが、1つずつ考えていきましょう。

 

【本当に忙しい(急病なども含む)】

本当に忙しい、病気の場合の返信遅れは仕方のないことですよね。

見抜くポイントとしては返事が遅れてもきちんと質問に答える内容を送ってくれていること、または「忙しいので手が空いたら返信するね」と返ってくること

時間が経って「ごめん遅くなった」という場合、ログは残っているわけですから、質問にスルーだとしたら答えたくないから忙しいふりをした場合が大半です。

急病でもない限り、現代人がスマホを丸一日見ないなんてことは考えにくいですよね。

 

【質問に対する答えがない(何も考えていない)】

相手が何も考えておらずノリでの言動の場合、その事柄に聞かれても答えられないことが多く、かと言って「何も考えてなかった」と返すとバツが悪いと感じて返信してこないケース。

そもそも誠実な人の場合だと、行動には責任を持っているので答えられないということはないのではないでしょうか。

 

【向き合うつもりがない】
めんどくさいとか、人と向き合えない人の場合は誰に対しても質問には答えずスルーする事が多い。

向き合うつもりがある男性なら「その質問には答えたくない」「今はまだ考えたいから待ってね」「少し時間をください」など礼儀を持って返してくれます。

答えたくないような内容の場合、非常識な質問でない限り「どうして答えたくないの?」という理由くらいは聞けば教えてくれるもの。

前は信頼関係があって答えてくれたのに、急に答えてくれなくなった場合「信頼関係の再構築」が先になります。

理由は様々ですが、信頼関係がなければ質問には答えてもらえないので「なにか相手の地雷を踏まなかったか」を考える必要があります。

誰とも向き合えないくらい、何かに傷ついているケースも考えられます。

その場合は、気持ちが回復するまで質問はしないことをおすすめします。

自分の心が限界なのに質問に答えられる余裕なんてありませんし、質問に答えてくれたとしても冷静な判断で答えたかと言えばそうでない場合があるからです。

また、相手の女性に興味が無い場合は、軽い質問程度ならスルーする男性もいます。

私としては「みんな同じ人間なんだから遅くなったとしても質問には答えようよ」と思いますが、それでも連絡がほしいと思うのであれば、まずは興味を持ってもらうように働きかけるほうが健全な近道です。

 

【ちゃんと理由はあるが言葉がうまく使えない】
世の中には、誠実だけど言葉をうまく形成して伝えるのが苦手な方もいます。

その場合「答えにくかったかな?どんな言葉でもいいからありのまま話してほしい」と伝えるとちゃんと答えてくれる場合もあります。

このタイプは、少しずつ軽い質問から徐々に慣らしていく必要もあるのですね。

急にハードルの高い質問だと、怯んでしまうからなのです。

質問訓練ですね。

 

【文章が長い。(めんどくさい)】

女性にありがちなのが、文章が長いということ。

男性は、人によるりますが、よほど相手を好きでもない限り長文は好みません。

というのも、「男性にとってLINEは連絡ツール」女性にとっては「コミュニケーションツール」という違いがります。

そして、顔文字や絵文字がいっぱいなのも「合わせなきゃ」と思う男性にとっては苦痛。

長文になんて返したらいいかわからないケースも。

「それで?」という日記的な内容は返信が困りますよね。

「〇〇君お疲れ様♡。今日私は、お昼に今話題のタピオカドリンクを飲みました♪天気も良かったので、お昼休みに散歩して、さっきお仕事が終わったよ????今日は大好きなアニメの放送日だから急いで帰らなくちゃ????明日は仕事だから早く寝なきゃ????明日終わったら休みだあ。今週は疲れたから週末は漫画でも読もうと思う????」

おわかりいただけただろうか?

「で?」と、男性が言いたくなる日記なのです。

質問があるわけでもなく、何かの誘いがあるわけでもない。

なんて返したらいいかわからない。

男性とお付き合いする前にLINEをするなら、短く質問やはっきりと誘いの文章を送るほうが、返信確率は格段に高いです。

 

 

返信させるテクニックが無意味な意味

上記のようにスルーされた時の大きな悩みは「どうして無視されたのかわからないから気持ちがわからなくて辛い」というのが大半ではないでしょうか?

なぜそのような悩みになるのかと言うと、相手の男性がちゃんと質問に答えてくれなかったからですよね。

私は声を大にして言いたい。

「女性が真剣に質問している内容に答えられないで逃げる男性は、今後あなたを大切にしてくれる確率がほとんどないからやめといた方が良い」

小手先のテクニックで、どうにか返信をもらえたとしても「目を背け質問に答えない」「無責任な行動や発言をする」といった根本の問題は解決できていません。

今は付き合う前にしろ、付き合っているにしろ一緒に生きていくためには話し合いでしかお互いうまくいく関係性の構築はできないのです。

質問に答えられないということは、自分とも向き合っていないことと同じ。

先日、私に「男っていうのは言葉ではない、察してほしいものだし女はそれを理解するものだ」といった人がいたのですが「女性はエスパーでもないし、なんでそんな日々間違ったらリスクが大きいクイズゲームしなきゃいけないんだ」と返しました。

逆に、言葉なくしてその男性が人の心を察する能力があるのかと言うと、ありませんでした。

できないことを人に押し付けてはいけないし「質問されて答えられないような事しなければいいのでは?」というのが私の見解です。

事実、誠実に生きている男女は自分の行動や言葉に論理がきちんとあるので、どんな質問にも答えられるものです。

もし、その瞬間言葉が見つからなかったとしても、不誠実にずっと逃げるようなことはしません。

返信がなくて傷つくという気持ちは私も経験して感じたことがありますが、その全員が自分と向き合えていなくて適当に行動しているから、相手とも向き合えず質問に答えられない人でした。

今一度、質問に答えないでスルーする男性を本当に愛しているか考えてみてくださいね。

カウンセリングのご予約はこちらから

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スポンサーリンク