人間関係を整理したくても中々できないあなたへ。

生きていたら誰もが通る分岐点

パートナー、家族、友人との人間関係の中で「この関係を続けていっていいのだろうか」と迷う時期があるのですが、その理由は感覚のズレというのが一番大きいのではないでしょうか。

まず付き合い方や見極め方のご説明の前に、人間の基本構造から考えてみましょう。

私の持論として人間は毎日「堕落」か「成長」のどちらかを繰り返して生きているんだと思っている。

現状維持はないの?という問いには「ない」と答えるのですが、これには理由があります。

生きていると、毎日が選択の毎日ですよね。

選択し、決断するということを繰り返して生きている中で「堕落」の道へ進むのか「成長」の道へ進むのかという2択しかない。

これを踏まえた上で、なぜ人間関係に迷いが出るのかを考えてみましょう。

人間関係の迷いはここから

私の経験だと、結婚して妊娠した時、急に15年付き合ってきた友人と「なんか合わない」と感じることが多くなり悩んだ時期があります。

私自身が結婚と出産で、人格を強制的に成長しなくてはならず、心の差ができてしまった為でした。

このように「なんか合わない」になってくると、それは日を増すごとに大きくなることのほうが多いのですが、ここで単純な例えをしてみましょう。

これは先程の「成長」か「堕落」かの例えでもあるのですが、

・毎日ゲームばかりしている人。

・日々学び、トライアンドエラーを繰り返し人として成長している人。

この2者がずっとうまくいくと思いますか?

答えは残念ながらNO。

だいたい人との付き合いがしんどくなってきたという背景には「自分自身が成長してしまった」または「相手が堕落の道に進んでしまった」「自分が堕落していった」「相手が大きく成長した」

ということが、あげられます。

スポンサーリンク

ここで人間関係をやめるべきなのか?

合わなくなってしまった以上、今までの関係ではいられません。

ここで出てくる迷いが「人間関係をやめるのか」なのだけど、著しく相手がおかしくなってしまった場合(犯罪、こちらの人生に大きな影響がある場合)は関係を止めざる終えないのです。

長く付き合ってきた友人や、今までは気が付かなかったけど自分が成長してみたら毒親だった場合や結婚しているパートナーだと気がついてしまったとなると躊躇するのが人間です。

ここでの健全な選択肢は2つ。

  • 関係を完全に切る。
  • 距離を置く

さらに、今後の選択しとしての基準となるのが

  • 堕落しても支えたいと思える相手なのか。
  • 自分に相手を受け止められる余裕はあるのか。

を見極めることが大切だと思います。

堕落した相手を支えるとなれば自分だけではなく、現在、一緒にいてくれている大切な人にも影響を与えるのです。

自分の大切な人を犠牲にするかもしれない覚悟も必要です。

私の知り合いで酒乱になってしまった人がいたのですが、その方はパートナーの友人でした。

できる限り見守ってあげたいとは思っていたものの、あまりに度が過ぎるためパートナーと私の関係も危うくなってしまったので「付き合いを考えてほしい」と話しました。

自分一人ではない場合、こういったケースもよくある話。

これが親や兄弟の場合、簡単に縁を切る選択肢はできません。

その場合は適度な距離を保ちながら一番いい関係性を探す事をおすすめします。

パートナーだった場合は「一旦、生活を一緒にしない」だとか「部屋を別にする」ということも1つですよね。

これまで「話し合いの大切さ」をずっと書いてきましたが、歩み寄る姿勢がコチラだけの状態が長く続き、相手が堕落の道へ進み続けてしまった場合、話し合いの効力は発揮できません。

一番良くないのが我慢して関係を続けるということ。

これは、お互いにとってよくありません。

私は長い付き合いの友人との付き合い方を「大切な話はせず、楽しい話だけをする友人」として付き合うことを決めました。

これは悪いことでも何でもありません。

例えるならば、料理が趣味じゃない人にいくら料理についての話を求めてもできるわけがないのと同じ。

長い人生の中で、親友だった相手がこの先10年も変わらず親友とは限らないということです。

悩む原因は「無理して付き合いを続けようとしている」「無理に離れようとしている」というのがカウンセリングの経験上多く存在します。

それを解決するには、付き合い方を変えるのが1番お互いにとって良い方法になります。

どうしても支えたいと思った相手の場合、そのためには「自分自身を犠牲にする覚悟」「自分の周りも巻き込む覚悟」が必要になります。

その上で自分の周りにいる大切な人にもきちんと話し、協力を得て支えるというのが一緒にいる場合の選択なのではないでしょうか。

カウンセリングのご予約はこちらから

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スポンサーリンク