凪のお暇から知る恋愛心理 第3話【ネタバレあり】
引用元https://www.tbs.co.jp/

凪のお暇 第三話の凪ちゃん

今日のテーマはこちらです!

【恋にタイトルマッチに大忙し(大島凪)素直になれない男子(我門慎二)と夢見る女子(坂本龍子)と恋を知らない男子(安良城ゴン)】

今回は大忙しな凪ちゃんから学ぶ心理ですよ!

引用元https://www.tbs.co.jp/

 

凪 (黒木華)は、北海道で暮らす母・夕 (片平なぎさ)からの手紙で、携帯を解約し引っ越ししたことがバレたと知る。
慌てて新しい携帯を契約し、夕に電話をすると「土日に東京へ行く」 と言う。

とりあえず東京行きを止めることが出来たが、先々の親戚の結婚式で東京へ来ることが確定してしまい 「やばい!」 とパニックになる凪。
部屋を出ると、近所に引っ越してきた龍子 (市川実日子)が、凪のことを待っていた。

驚く凪だったが、慎二 (高橋一生)との出来事を龍子に聞いてもらう事に。
「キスにビンタで応戦なんて少女漫画みたい!」 と一人盛り上がる龍子。
慎二がクズだと分かると 「なんで付き合っていたのか」 と問われるが、凪は答えられないでいた。

そこへ、部屋から出て来たゴン (中村倫也)と出くわす。龍子はゴンを気に入り、凪との出会いが 「少女漫画みたい!」 とまた興奮するが、職業がクラブオーガナイザーだと知ると一転、「私たちとは住む世界が違いすぎる」 と凪に釘をさすのだった。
そんな出会いに恵まれない凪の為、龍子は凪に内緒で婚活パーティに申し込んでしまう。

しかし、そのパーティに強制参加させられた凪は “ある事” に気づく…

一方、慎二は凪にビンタされた頬に絆創膏を貼っているのを、女性社員たちから 「彼女にビンタされたんじゃないか」 と噂されていた。
いつもなら上手く空気を作ってかわすところだが、凪が嬉しそうにゴンと一緒にイモを食べている光景を思い出すと、周囲の空気を凍らせてしまう。
そんな事などつゆ知らず、凪は隣人のうらら (白鳥玉季)とゴンと一緒にイワシのフリッターを作っていた。
うららは、揚げたてを上階に住んでいる緑 (三田佳子)に持っていきたいと部屋を出ていく。凪とゴンは部屋の中で2人きりになり…

引用元https://www.tbs.co.jp/

では早速いってみましょう!

【急な母親の連絡】

3話では、凪ちゃんのお母さんが登場しましたよね。

凪ちゃんは焦ってしまう。

あれ?お母さんって何でも言える存在であってほしいのに、凪ちゃんはそうじゃないみたいです。

自分を隠さなきゃいけない関係なのですね。

心の中はパニック状態。

凪ちゃんは、お母さんにありのままの自分を見せることができるのでしょうか?

【越してきた初めての友人との恋の話】

そうこうして、家を出ようとしたら龍子ちゃんがやってきました。

慎二くんの話をすると「キスにビンタで応戦なんて少女漫画みたい!」って興奮気味の龍子ちゃん。

でも、ひどい男性だったと知って「なんで付き合っていたのか」 と聞かれても、凪ちゃんは答えられませんでした。

どうして答えられなかったのでしょうか?

凪ちゃんは、本当に慎二くんが好きだったのでしょうか?

好きな人のことは答えられますよね?

この心理はよくあるもので、凪ちゃんは「慎二くんが好き」だったのではなくて「自分を好いてくれる慎二くんが好き」なだけでした。

これは結局は、人に興味がないのと同じなのです

何も知らないから、何も答えられないし、好きって感情ではなかったことにも気がついてしまった。

【世界が違うのはいけないことなの?】

そこで出てきたゴンくんに遭遇するのですが、クラブのオーガナイザーと知った龍子ちゃんに「世界が違いすぎる」って言われました。

龍子ちゃんがハローワークに行った後、ゴンくんとイワシのフリッターを食べながら、お母さんと会うことについて「タイトルマッチだね」と、新しい視点を知る。

世界が違うっていけないことでしょうか?

私の個人的な見解では、違う世界にどんどん飛び込んでいかないと視野が広がらない。

かといって「この世界違うな」って思っているのに、そこに居続けると、人は自分の人生を歩けなくなってしまうと思います。

窮屈で楽しくない。

違う世界(コミュニティ)はたくさん持っていてもいいけど、距離感って大切だと思います。

その距離感を保ちつつ、新しい視点の発想や、新しい自分を知っていくんじゃないでしょうか。

しかも、そんな時にゴンくんがキスしようとしてきて「からかわないでくださいね。何度もこんなことばかりしてくると勘違いしちゃいますよ」

って伝えたのに対し「勘違いしていいよ」というゴンくんの返答に凪ちゃんはあるミスを犯してしまいます。

「好きだよ」って言われたわけではない。でも「僕も好きだよ」に変換してしまいました。

言い換えると、ごんくんが言いたかったのは「勝手に勘違いする分にはいいけど、僕が好きになるとは限らない」ってことなのです。

女の子が傷つかないようにするには、ちゃんと「お付き合いするくらいの気持ちがあるんですか?」って手を出される前に言わなきゃいけないと思います。

凪ちゃんはこの先、距離感を持ってその世界に居ることができるでしょうか?

【婚活パーティー楽しめなかったのはどうして?】

いろんな男性が次々に現れ話す中、凪ちゃんは「間が持たない」「何を話したら良いかわからない」「どうしたらいいのかわからない」とパニックに。

当たり障りのない会話になっていましたよね。

でも、扱いやすそうな女性って思われてしまい無駄にモテモテに。

自己開示をしないと、自分が覆っている殻に人は寄ってきます。

偽りの自分です。だから余計に疲れる。

楽しくない上に、気を使うなんて損ばっかりですね。

自分って出したもん勝ちだと思います。私の見解では「人を傷つけなければどんな自分だっていじゃない」

と思うのです。自分を出さなくったって嫌う人はいるのですから。

だったら、自分を出して好きになってくれる人を見つけた方が良いと思いませんか?

自分を出すのって傷つくこともあるけど、自分を出すことでかけがえのない人に出会えることもあるのです。

【元同僚とのタイトルマッチ】

話を戻すと、そこで助けてくれたのが、元同僚の足立さんでした。

そして迎えたサンドバックタイム。

お母さんとのタイトルマッチに出るってこともあり、勇気を出して言葉のパンチで足立さんを倒した凪ちゃん。

でもスッキリしない。

なぜでしょう?

言葉ってブーメランなのです。

相手に投げた言葉のブーメランは自分に返ってくる。

言葉の刃で勝っても、心の綺麗な人って嬉しくないのですね。

もっと違う戦い方があると思います。

言い負かすだけが心のタイトルマッチじゃないですよね。

でも初めてのタイトルマッチです。勝っただけでも私はよく頑張った!と思いました。

お母さんと会うまでに、良い戦い方が見つかるでしょうか?

【勇気を出した決断】

凪ちゃんは、自分の気持に気がついて慎二くんに会いに会社まで行きました。

「この前、あっちがいいって言ってたあれさ・・」と言いかけた慎二を遮るように、

「いいの!私も慎二と同じだよ。慎二の外側だけ見てたから。みんなが大好きな慎二の肩書きだけで見てた。だから慎二のどこが好きだったか思い出せない。私・・慎二の事は好きじゃなかった・・・別れてください」と。

外側しか見てなかった事に気がつくのって、主観的だとなかなか出来ないと思います。

よく考えて出した答え。

自分の内面に興味がない女性が、人の内面に興味は持てないよね。

外側では人は判断できないと学んだ凪ちゃんはこれからどうなっていくのでしょうか?

【素直になりかけたけど、振られたから元の自分に戻っちゃった男子(慎二 (高橋一生) 

1話の考察で話したとおり、慎二くんも凪ちゃんと同じ空気読みまくる男子でした。

そんな慎二くんは、友人の結婚式でも空気読んでましたね。

慎二くんの背景が明らかに。

慎二くんの家庭はこうでした。

父⇒愛人&子供あり、母⇒整形、兄⇒失踪。

すでに崩壊しているね。偽りだらけの家庭で生きていくと、偽る方法を学んでしまうのが人間。

「朱に染まれば赤くなる」とはまさにこのことです。

慎二くんが成長するには自分を素直に出して、凪ちゃんのように空気を読まないで過ごすことが必要。

そして、勇気を出して素直に言いかけたまさにその時でした。

「慎二ときちんと話をしたかった」と凪が言うと、

「おれも凪とちゃんと話したかった」と慎二。

「この前、あちっがいいって言ってたあれさ・・」と言いかけた慎二を遮るように、

「いいの!私も慎二と同じだよ。慎二の外側だけ見てたから。みんなが大好きな慎二の肩書きだけで見てた。だから慎二のどこが好きだったか思い出せない。私・・慎二の事は好きじゃなかった・・・別れてください」

一瞬返す言葉に詰まり、顔をヒクつかせながら、

「・・・なに様だよお前。俺たちとっくに別れてるって言うか、もともと付き合ってた記憶ないけど・・・。・・・せいぜい婚活パーティで男漁りがんばってくださ~い」

凪ちゃんにはもう、最後のパンチは効いてないけど、大切なのは素直になりきれなかった慎二くん自身でした

そして、またまた帰宅で号泣。

不器用な慎二くん頑張れ!

毎回号泣する慎二くんは、かっこ悪いでしょうか?

私は頑張ってるなあと思います。毎回辛辣な言葉をかけるの良くないことですが、慎二くんは彼なりに成長しようとして少しずつちゃんと進んでいると感じます。

これから、凪ちゃんの心を取り戻すことができるのでしょうか?

【恋愛したことがないから少女漫画で夢を見る女子、龍子 (市川実日子) 

「キスにビンタで応戦なんて少女漫画みたい!」 と一人盛り上がっていましたね。

いいじゃん。羨ましいじゃん。

一回恋愛してしまうと、少女漫画のようにはいかないってことを知ってしまうんだから、楽しんだら良いじゃん!

でも、妄想って膨らんだ分だけ現実を見た時のショックが大きい。

だから2回目でも3回目でも、相手のことよくわかってないのに妄想するのはとても危険なのです。

現実のその人ではないですからね。

付き合う前にお互いが盛り上がりすぎると、妄想とのギャップでだめになってしまうケースも多い。

龍子ちゃんは誰かに恋をするのでしょうか?

【恋を知らない男子のマイワールド、ゴン (中村倫也)

凪ちゃんがお母さんと会うことに悩んでいた時、ゴンくんは「タイトルマッチだね」と言いました。

さすがゴンワールド。

リングに例えるとはアッパレです。

彼は、目の前にいる人には誠実に向き合う特徴があります。

でも恋を知らないから、たくさんの女性を傷つけてしまう。

メンヘラ製造機最低!?

それは、負け犬の遠吠えと私は呼びます。

その彼を好きになってしまったんだったら答えは2択。

【きっぱりお別れする】

しかし辛辣な言葉を浴びせてお別れするのはタイトルマッチでは負けになってしまいます。

彼といた時間から、何かを学び取ってお礼を言ってお別れするのが未練が残らない方法だと思います。

言葉はブーメランですからね。

それに何かを学ぶって「ただでは転ばない」に等しいね。だからタイトルマッチ勝ち!

【恋させるくらいいい女になる】

次にこれです。

大切にしてくれなかった人でも、簡単にあきらめたくない!

そんな場合は「この最低野郎!」って言っていても彼の心は振り向かせられないから、振り向かせる努力をする。

それでだめでも、女性としては成長したんだからいいじゃないですか!

彼は恋をすることができるでしょうか?

カウンセリングのご予約はこちらから

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スポンサーリンク