凪のお暇から知る恋愛心理 第8話【ネタバレあり】
引用元https://www.tbs.co.jp/

輝こうとすると邪魔する人がかならず現れる

今日のお題はこちらです!

【ウィッシュは叶えられるのか(大島凪)慎二くんのお暇(我門慎二)】

引用元https://www.tbs.co.jp/

凪 (黒木華) に素直な気持ちを話した 慎二 (高橋一生)。一夜明けても、円 (唐田えりか) からの連絡はなかった。すると、出勤しようとする慎二のもとに、円ではなく、ゴン (中村倫也) から朝ご飯のお誘いがはいる。迷った慎二だったが、生まれて初めて会社をサボることに。

一方、凪はスナック 「バブル」 のママ (武田真治)杏 (中田クルミ)緑 (三田佳子)みすず (吉田羊)うらら (白鳥玉季)エリィ (水谷果穂) と一緒に凪の家で 「バブル」 の餃子パーティの仕込みをしていた。慎二との間に起こった出来事を皆に聞いてもらう凪だが、想定していない答えの連続で困惑する。風にあたろうとベランダに出ると隣の部屋にはなぜか慎二が !?

龍子 (市川実日子) と進めているコインランドリー計画は順調に進み、あとは入金を残すのみとなっていた。そんな時、凪の母・夕 (片平なぎさ) から、住んでいる北海道に台風が直撃し、家に被害が出たと電話がかかってくる。急遽、北海道に強制送還されることになった凪だが…。

引用元https://www.tbs.co.jp/

凪はスナック 「バブル」 のママ (武田真治)杏 (中田クルミ)緑 (三田佳子)みすず (吉田羊)うらら (白鳥玉季)エリィ (水谷果穂) と一緒に凪の家で 「バブル」 の餃子パーティの仕込みをしていた。慎二との間に起こった出来事を皆に聞いてもらう凪だが、想定していない答えの連続で困惑する。

ここで初めて凪ちゃんは慎二くんの気持ちを本当に知ることになるのだけど、理解がついていかずにベランダに出ました。

その前に、緑さんが良いことをまた言ってましたね。

「客席から見たら一目瞭然なのに、ヒロイン本人はわからないのはドラマの大道ね」

これは、ドラマではなくても、みんなそういった心理に悩まされます。

なぜ周りから見たらわかるのかと言うと、客観的に見ているから。

しかし、どんな出来事であれ、関係性であれ、当の本人が冷静に見られないのは主観的になりすぎているからなのです。

そこで有給をとった慎二くんが、ゴンくんのベランダに。

母から送られてきたとうもろこしの皮を、慎二くん、ゴンくんと一緒にむいていると「私とうもろこし嫌いなの」

と初めて慎二くんに伝えます。

「一緒にいたのに知らなかった」と慎二くんが言うのですが、どんなに一緒に居ても言葉にしなければ理解してもらえないことのほうが多いと思います。

凪ちゃんは自分の気持ちを毎話、言えるようになっているのですね。

ここで母から連絡が。

台風だから北海道に返ってきてほしいと言われ、髪をストレートにして帰ろうとするところを慎二くんが待っていて「また空気読むんだ。髪の毛ストレートにしている時点で負けてるんじゃないの?」

と言われるが、振り切って北海道に帰ってしまいます。

この心理は慎二くんの言うとおり、凪ちゃんはこの時点でお母さんに負けているのです。

しかも今日は、コインランドリー経営の振込日。

実家に帰ると、執着と依存の母が待っていました。

「台風で大変だからリフォームしようと思うの。そのためにお金が必要なのよ」

その言葉に勇気を出して凪ちゃんは

「初めてやりたいことが出来て、貯金はそのためのお金として使いたいから、余裕が出来たらリフォームの費用送るから待ってもらえないかな?」と伝えるけど・・・

しかし、母は「いいの。お母さん周りの人に頭下げて生きていくから。凪は好きなことして」

この母の心理は、お願いが聞いてもらえないと「同情させる」「強い言葉」でコントロールしようとします。

信じられないことだけど、多くの母親がこの手を使います。

ここで凪ちゃんに必要だったのは、断ると決めた強い意志。

初めから負けの姿勢で挑んだタイトルマッチではそんな強い意志が発揮できるわけもなく、大嫌いなとうもろこしをかぶりつき「待ってて!」と言ってコインランドリーの資金を母に振り込んでしまうのです。

人は輝こうとする時、必ず大きく邪魔をしてくる人が現れます。

この心理は、本当に相手を愛していないから相手が向上するのが嫌なのです。

自分よりも輝くのが嫌だから、邪魔をする。

私にも邪魔をされた経験がありますが、残念だけどそういう人は離れるしかありません。

わかり合うことは難しく、交流がある限り邪魔をしてくるからです。

帰りのバス停で、慎二くんが待っていました。

慎二くんはとうもろこしの話から「子どもは親の事、嫌でも読んじゃって空気よんで親が何を言って欲しいのか言ってるうちに自分を失う」と凪ちゃんに問いかけました。

その言葉を聞いて、凪ちゃんはどう感じたのでしょうか?

慎二くんの言葉は時間差で響く誠実さがあるから、この言葉はまた後の話で響くのかもしれません。

子どもは無条件に親を愛して生まれる。

親の笑顔のためにと、小さいながらも色々考えて行動する。

でも、まだ小さな子どもには限界があってどうしていいかわからず親の顔色を伺って言いなりになるという手段を選ぶ。

未熟な親の責任であると私は思います。

コインランドリー経営ができなくなって龍子ちゃんに「ごめんなさい」と謝る凪ちゃん。

大抵は怒りますよね。

でも龍子ちゃんは「楽しかったです。だから次はもっと楽しいこと計画できますよ」

この友情は本物ですね。

なかなかいない。

自分だって楽しみにしていたのに、自分の気持ちより優先して言葉をかけてくれた友人の心は凪ちゃんに響くでしょう。

これも時間差で響くのですが、いろいろな人に支えられて凪ちゃんはどんどん成長していますね。

慎二くんのお暇

さて、市川さんに凪ちゃんがマンションから出てくるところを見られてしまい一人で過ごすことに。

朝目が覚めるとゴンくんからのお誘いで朝食に。

「初めて会社サボった!!」と清々しそう。

そりゃ人生そんなに気を張ってちゃ、清々しくもなりますよね。

恋敵なのにゴンくんの家にお泊りさせてもらい、慎二くんも素直になっていきました。

凪ちゃんからとうもろこしの話を聞いて、「俺何も知らなかったんだな」という言葉と動じに、自分と同じで家庭内で自分を出せずにいたことに気がつきます。

人は痛みという共通点には、大きな共感を示すのです。

この事によって、慎二くんと凪ちゃんの距離が人として近くなりました。

スポンサーリンク

急に恋人になるとうまくいかない訳

今回は、大きな恋愛心理がありました。

慎二くんと凪ちゃんが、うまくいかなかったのは、

凪ちゃんは、慎二くんをちゃんと見ていなかったこと。

慎二くんは、素直になれなかったことにある。

そしてもう一つ。会社の中での関係では、プライベートな会話はできません。

相手のことを、恋愛の前に人として知ることができないのです。

恋愛とは人間関係の深いものであって、浅く知らないのに深い関係になると大きな困難に出会います。

例えて考えると、

ドラクエで、はじめはスライムと戦わないと経験値もらってレベル上がらないのに、レベル差が大きいキラーマシンに挑むのと同じ。

相手を知らずに関係性を持つのは危険なことなのですね。

次の凪のお暇ではどんなことが待っているのか楽しみですね!

カウンセリングのご予約はこちらから

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スポンサーリンク