娘が初めてポンプ交換の針を自分で打てた【9歳の1型糖尿病】

幼い子どもが1型糖尿病のお母さんへ

あなたのお子さんは、ポンプ治療でしょうか?小さな子どもがカニューレ交換を一人で出来るようになるのは、ハードルの高いものです。

娘が一人で自己注射が出来るようになった方法を、ご紹介したいと思います。

うちの子は、7歳の時に発症し、昨日、生まれてはじめてポンプの交換ができました。

泣くほど嬉しかった。

「自分で打てるようにならなければ、小学校のキャンプにもいけない」

「私がいなかったら、この子はどうなってしまうのだろう?」

そう、悩んでいますか?

悩みに、少しでも希望が持てるように、娘が打てるようになった話をします。

初めは、針を見ることも出なかった。大人だって、自分に針を刺すなんて、できませんよね。できなくて当然。

そのうち、「一緒に用意だけしよう」と声をかけ、用意できるようになったのが半年ほど前。

そのことを心から褒めて、洋服を一緒に買いに行った。

何かできたら物を与えるのは、良くないこと。

でも「こんな時くらいはいいじゃない」そう思いました。

それから今度は、「ポンプを打たなくてもいいから、打つ寸前まで練習しよう」

自分にポンプの針をうつ場所を決めてもらって、おさえてもらった。

これに慣れたら、こっちのもんです。

3日に一回の交換のたびに針を当てながら、こう問いかけた。

「自分で打ってみる?それともママが打つ?決めたら教えてね(笑顔)」

すると、選択肢が生まれる。

自分で打ってもいいし、ママが打ってもいい。

心の余裕ができて、10回目くらいに

「ママ!打てたよ!!」

これが娘の打てるようになった経緯です。

大切なのは、段階を踏んで徐々に交換キットに慣れてもらいながら、明るく前向きで優しい声掛けで、打てるように仕向けてあげること。

病気を支えながらの育児で、ストレスも溜まるでしょう。

イライラされている中では前に進みづらいのが人間・・。

ぐっとこらえて笑顔で、支えてあげるように私は訓練しました。

ポンプが打てないお子さんが居たら、うちの娘の話をすることで勇気が出るかもしれません。

「私にだってできる!」って

1型糖尿と仲良く付き合っていけるように頑張りましょうね。

カウンセリングのご予約はこちらから

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スポンサーリンク