危機に直面した時にはっきりする3種類の人間性【災害・コロナ】
出典元:ボケて

今だからこそわかる人間性。

人は、危機に直面するほど人間性があらわになります。

というのも、人の本性というのは、普段は隠せるのですが困難な事態になると隠しきれなくなるのです。

私も今回のコロナウイルスで、人間関係が一気に変化しました。

SNSで居酒屋やプールに行っている人を見て愕然としました。

マンボウくん
マンボウくん
「自分さえ良ければそれでいい」

というのが伝わってしまうのです。

では、危機に直面したときの3種類の人間性について詳しく書いていきたいと思います。

※今の経済状況では、企業への支援も充実していないので飲食店経営者の方や、運送業の方、医療関係や、私達が生きるためにお仕事してくださっている方たちのことはこの3パターンには分類されません。

あくまで、不必要な外出をする心理についての見解です。

3種類の人間性

まずは3種類の人間性を下記に並べてみますね。

  1. 何か起こる前に対処できる人【自分の為にも人のためにも行動を起こせる人】(想像力と判断力、理性が伴う人)
  2. 何か起こった後に後悔して対処する人【基本的には自分のことしか考えられていないが、何か起こると人のためにも行動を起こせる人】(想像力は欠如しているが、学ぶことのできる人)
  3. 何かが起こっても後悔もせずに繰り返す人【自分のことしか大切にできない人】(想像力、判断力、理性の欠如。普段からの逃げ癖)

 

あなたはどの生き方を選びますか?

上記が3つの人間性なのですが、1から順番にご説明しますね。

 

何か起こる前に対処できる人【自分の為にも人のためにも行動を起こせる人】(想像力と判断力、理性が伴う人)

コロナウイルスで例えますね。

今回、このような事態になった時に真っ先に私の友人は

ラッコくん
ラッコくん
「大丈夫?必要な物はない?!」

と、連絡をくださいました。

私も同じく、自粛生活を自粛要請が出る前からおこない、物資について足りているのかの確認を友人、家族に連絡しました。

これは、想像力からくる対処です。

「自分がもし、かかってしまったら、自分は大丈夫でも人にうつして亡くなってしまうかもしれない・・・」「だから自粛して、うつさないよう、感染しないように気をつけよう。物資が大変な人を助けよう。他に何ができるだろうか?」

に、思考が変換されます。

ここには、普段から養っている【判断能力】【決断力】も問われます。

正直、私の周りにはこのタイプの方は数えるほどでした。

マスクをしないという親友に「何を考えてるの?」と言いましたが、精一杯の愛です。

これは、恋愛にも大きく関係します。

このタイプであれば

ラッコくん
ラッコくん
「今は大変な時期だから、会うのは控えよう。その代わりテレビ電話で毎日話そう!」

こうなります。

普段から、人のためへの思考を持っているため、自分も人も大切にするのが当然なので危機的状況でもそれは変わりません。

意外と思われる方もいらっしゃるかと思いますが、このタイプが3つのタイプの中で1番冷静に対処できます。

危機を収束させるには「自分のため」ためだけではなく「人のため」という思考も持たなくてはいけないと知っているのですね。

このタイプの方が増えることを心から願います。

ではタイプ2を考えていきましょう。

 

何か起こった後に後悔して対処する人【基本的には自分のことしか考えられていないが、何か起こると人のためにも行動を起こせる人】(想像力は欠如しているが、学ぶことのできる人)

例えば、コロナウイルスにより身内の方が亡くなったりした場合に、事の重大さに気がつくタイプです。

基本的には自分のことしか考えない。または、考えられない状況に置かれている場合も考えられます。

マンボウくん
マンボウくん
「自分が、かからなければ大丈夫。息抜きも大切」

そういった、想像力の欠如から普段どおり遊びに行ったりマスクもしません。

しかし、いざ大切な人を失うと

マンボウくん
マンボウくん
「なんてことをしてしまったんだ・・・」

と、いつもは機能していない想像力がフル稼働します。

そこで初めて学ぶのですね。

このタイプの方は、賢者ではなく愚者のタイプです。

先人の話を聞くことはなく、「経験しないとわからない」という言葉も普段から多い発言です。

若い精神段階では、このようなことも仕方のないものと感じます。

このタイプの方にはしっかり、1番目のタイプの方がなにか起こる前に教えてあげる必要があります。

学ぶことができる場合は、1のタイプにはすぐに及ばないものの、自分を見つめ直し、自粛や予防をすることができる可能性があります。

しかし、普段はそうしてこなかったため、また元の「自分さえ良ければいい」に戻る可能性も高く考えられます。

繰り返した場合には

「いいかげんにしろ!!」この言葉を轟かせましょう。

恋愛に例えると

マンボウくん
マンボウくん
「二人で会うなら大丈夫だよ。短い時間なら平気」

こういった発言になるでしょう。

二人でも短くてもダメですね。

では3番めのタイプを考えていきましょう。

 

何かが起こっても後悔もせずに繰り返す人【自分のことしか大切にできない人】(想像力、判断力、理性の欠如。普段からの逃げ癖)

では、最後の救うのが1番困難なタイプです。

残念ながら、今回の事態においてこのタイプの方がウイルスを広めていますし、彼達(彼女達)は、友人もなくし、背負いきれない十字架を今後背負うことになるでしょう。

普段から色々なこと(問題)から逃げているとウイルスの脅威すら気がついていない場合もあります。

マンボウくん
マンボウくん
「自分さえ良ければいい」

これが根本なので、想像力も判断力も理性もありません。

そして、コロナに自分が感染しても、症状が軽ければ人にうつすことなど気にもせずに出歩くでしょう。

たとえ家族や友人が自分のせいで命を落としても知らん顔です。

そういった理由から、繰り返すことへ繋がります。

マスクもしませんし、「どうしてしないの?」と問いかけると「伝染らないからw」と返信が来ました。

伝染りますよ。

このタイプの恋愛での発言は

マンボウくん
マンボウくん
「遊ぼうよ。ストレス溜まるでしょ?」

と、人の多い居酒屋や、娯楽施設、カラオケ、バーでのショットの回し飲みなどを気にせずおこないます。

このタイプの人には、優しさや慈悲を持ちましょうなんて言えません。

私はカウンセラーですが、時には頭を強く打たなくては理解できない人も多く存在します。

自分と、自分の大切な人を犠牲にする覚悟があれば別ですが、離れることが懸命な判断と言えるでしょう。

1番の人間になることで、今の事態の収束に必ずつながります。

国民、いえ世界中の方たちが1番の意識を持ってくださることをココロから願います。

自粛疲れしていませんか?↓

カウンセリングのご予約はこちらから

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スポンサーリンク