「1日の時間が足りない・・」そう悩んでいるのならこれを読んで下さい。

時間配分できないのは人に予定を埋められているから

忙しい現代社会で皆が抱える悩み。

マンボウくん
マンボウくん
毎日、時間に追われてる割に仕事も遊びも充実していない気がする・・

多くの方が、上記の事柄に対して「なぜ、あなたの時間は充実できないのでしょうか?」と聞くと、こう答えが返ってきます。

マンボウくん
マンボウくん
1日の時間が足りないから・・

でも1日の時間は、誰にでも平等に24時間と決まっているのに充実できる人と出来ない人がいるのは何故だと思いますか?

実は、充実した時間を過ごせる人と、過ごせない人では決定的な差があるのです。

下記の質問に答えてみて下さい。

あなたはどちらですか?

 

  1. 人に自分の1日の予定を埋められてる。
  2. 自分で自分の1日の予定を埋めている。

どちらでしょうか?

もし、あなたが2番めだとしたら、この続きは読む必要がありません。

しかし、1番だった場合は大問題です。

あなたは、間違いなく「1日の時間が足りない・・」と嘆き苦しんでいることでしょう。

でも大丈夫です。

1番だったとしても、この記事を読み終わる頃には1日の時間を充実させられる人になることが出来ます。

その前に、1番と2番の違いはたった1つなのですがお気づきでしょうか?

それは、1日の予定を人に支配されているか、自分が支配しているか。

たったそれだけです。

具体的な例で、その差がどんな状態を生むのか見ていきましょう。

 

1日の予定を人に埋められる男性、マンボウくんの1日。
マンボウくん
マンボウくん
よし!今日こそ昨日終わらせられなかった仕事終わらせるぞ。期日は実は昨日だった・・
1日の予定は時間で決めていない。
そんな朝、同僚のナミちゃんからLINEメッセージが。。
おわかりいただけたであろうか?
通話時間に、ご注目していただきたい。
なんとその時間、2時間50分。
マンボウくんの課題は1秒も進まず、お昼を回った。
ご飯も食べられなかったマンボウ君。
その瞬間だった。今度は先輩のラッコくんが話しかけてきた。
ラッコくん
ラッコくん
おうマンボウ!俺さ今日実はこのあと、外せない会議があってさ、例の資料集めやっといてもらえないかな?
え、、と。はい大丈夫です!
マンボウくん
マンボウくん
こうして、マンボウくんはその日1日を資料集めに費やし、定時になったが終わらず残業になった。
2週間前から約束していたマンボウちゃんとのデートはドタキャンに。
必死に謝るもマンボウちゃんからこんな言葉が。。
もう、これでドタキャン何回目だと思ってるの?!いい加減にしてよ!もう知らない!

最悪である。そして忘れてはいけないのが、とっくに会社に出すマンボウくんの課題の期日は過ぎていることである。

会社からの信用も、彼女からの信頼もなくしてしまったマンボウ君。

ただ人助けしただけなのに残酷である。

一方、1日の予定を自分で埋めるラッコ君を見てみよう。
1日に予定を自分で埋める男性、ラッコくんの1日
ラッコ君は、今日の予定をこう決めていた。
10:00〜12:00・・今日までの資料作成
お昼休憩。
13:00〜14:00・・社内ミーティング(作成資料提出)
14:00〜17:00・・新規事業のリサーチ。
17:00仕事終了後、ラッコちゃんと代官山でホタテ食べ放題デート。そんな午前10:00同僚のナミちゃんからLINEが。

ラッコくんは、こうして予定どおり資料を作成し、お昼の時間になった。

大好きなホタテ定食を食べ、少し日向ぼっこした後、午後の会議に挑んだ。

ラッコくんの提案は見事に採用され、上司からの称賛はすごかった。

午後14:00新規事業のリサーチでは、今日は調子もよく1時間も早く終えることが出来た。

そこで約束していたナミちゃんの相談を1時間乗り、長引きそうだったが

「ラッコちゃんとのデートがあるのでまた空いている時間に」

となみちゃんに告げ、ラッコちゃんと代官山でホタテの食べ放題に出かけた。

ちゃんと時間を守ってくれたラッコくんに、ラッコちゃんはこういった。

今日は本当に楽しかった。ありがとう。大好き。♡

は仕事も恋愛も充実していることがご理解いただけたであろうか?

さて、この両者を踏まえた上でラッコくんのように生きるには具体的にどうしたらいいのかを書いていきますね。

成功の秘訣は予定をぎっしり埋めること

私が見てきた成功者は必ず時間厳守だという統計があります。

時間を守れる根本の理由は、人の時間を大切にする前に自分の時間を大切に出来ているから。

時間厳守というのは、大きく人との信用関係に響くのですね。

しかし、思い返してみてください。

マンボウくんは悪い人ではなく、むしろ正義感の強い男性でしたね。

それなのに、会社からも彼女からの信用も失いました。

そうならないためには、「お人好しを捨てましょう」このフレーズは不可能ですね。

やれるものならやってるよ!こう思うはずです。

そこで、目の前にカレンダーを用意して下さい。

そのカレンダーの予定を、1日時間割でぎっしり埋めて下さい。

それを、絶対守ること。

ここでのポイントは「ぎっしり予定を埋める」こと。

スキマ時間なんかあれば、きっと予定外の事柄に労力を使ってしまうからです。

さらに、できれば、1日の予定は1つに付き短いほうがいい。

仕事では、30分から1時間。

「その時間内にやりきらなくてはいけないプレッシャーが怖い・・」?

ビジネスにおいて、プレッシャーは成功の鍵です。

プレシャーが、あなたの仕事の成果を上げてくれる。

自分の1日の予定を埋めるのは、「他人」ではありません。

自分の1日の予定を埋めるのは、「自分」です。

このマインドセットを忘れないで下さい。

他人の予定は、自分の予定の余剰時間で対応すること。

遊びも同様です。

初めはうまく出来ないかもしれません。それは今までそんな予定を立てたことがないから当然です。

しかし、毎日繰り返していくうちに、自分の1日の時間配分やペース配分が理解できてきます。

皆さんはPDCAサイクルをご存知ですか?

まさに、このお話ではそれが活用されます。

P・・プラン計画(時間割り作成)

D・・Doは実行(時間どうり動く)

C・・チェック評価(時間割りどうりできたか見直す)

A・・アクション改善(後日の時間割を無理ない時間割に変更)

毎日は、この積み重ねです。

今の下りを、まとめて下記に示しますね。

  • カレンダーの予定をぎっしり埋める

【ルール】

・自分の計画した時間を最優先に。(短めのサイクルで)

・相手の予定は、自分の時間の余剰時間に対応する。

・自分の1日は自分が決めるものだと認識する。

・時間配分が上手くいかなくても、PDCAサイクルを思い出して繰り返し計画し直す。

スポンサーリンク

ビジネスもプライベートも時間厳守出来る人が成功できる

あなたは、予定も時間も守らない人をココロから信用できますか?

どんなに、「いい人」だったとしても時間や約束を守れないという人は信用できません。

「ペース配分が悪いんだな・・」

「いい加減なんだな・・」

そう思われてしまうのですね。

逆に、約束や時間を守る人は信用できるはずです。

1日の時間をうまく使いこなせない人の多くが「すごくいい人」だったりします。

なのに信用されないなんて悲しいですよね。

上記の方法で仕事もその他の時間や関係性もうまくいくような大きな1要素になることを約束します。

是非、試してみてくださいね。

最後に、もし今使っている時間が自分に本当に有効なのか迷ったときは、この質問をご自身に投げかけてみて下さい。

「今していることは、自分の目標達成へと、手にとるように近づける行動と言えるのか?」

この言葉は、ご自身を客観視し道に迷わないための魔法の言葉です。

長電話や、会議を円滑に終わらせる方法はこちら⬇

カウンセリングのご予約はこちらから

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スポンサーリンク