デートの服はコスプレとして楽しむ【初デートで失敗しない服選び】

初デートの洋服はすべてを決めると言っていいほど重要

皆さんこんにちは、ナミです。

先日「絶対におじさんの足だよね」っていう臭いが娘からしたので、恐るおそる確認したところ見事に娘の足だったので、靴を急いで捨てて「足を、今すぐ洗ってきて」と言ったのですが、「なんで?」と聞かれたので

「足が臭いからだよ!」と勇気を出して言うと、娘は爆笑しながらその後、無視してその場に居座り続けたので、全く理解できない私は

「ずっと臭いの我慢してるから洗ってきてよ。敵みたいな臭いがするから」

と言うと、また娘は爆笑しながら「ひどくない?」と一言いって、足を洗ってくれませんでした。

しかも、誇らしげに「足が臭いと、生きてるって感じがするでしょ?」とまで言ってきたのです。

そんなこと、どうでもいい。

今日はデート服について、初デートの洋服はすべてを制すというくらい大切だと思います。

というのも男性は視覚で恋をすると言われているくらい視覚効果に弱いということと、プレゼンではプレゼン内容よりも洋服のインパクトのほうが相手の心に作用する、と言うのは有名な話なのです。

この、2つの効果を利用しない手はありません。

成功する服選び方法

デート服選びを成功させるためには、いくつかの条件があります。

  1. 相手の趣味に合っているか。(好みを探っておく)
  2. 自分が許せる範囲内か。(続けられなかったら詐欺と同じ)

以上の2つが揃わないと失敗してしまうのですが、1つずつ考えていきましょう。

 

【相手の趣味に合っているか(好みを探っておく)】

勝手なイメージや、相手の趣味を独断と偏見で判断して洋服を選んでしまうと、とんでもない失敗をしてしまうのです。

成功させるためには、デート前に相手の趣味嗜好を把握しておくことが大切。

具体的に、私がしてきた質問例をあげていきますね。

相手の好きな洋服(タイプの女性)を知るための質問

「好きな芸能人と嫌いな芸能人はいる?」

「好きな色は何色?」「嫌いな色はある?」

不自然に立て続けな質問は、怖い印象を与えてしまうから、自然な流れで少しずつ聞くのがいいと思います。

好きな芸能人を数名聞けば、大体の好みがわかるはずです。

・清楚系なのか。

・外人さんタイプなのか。

・モードな大人女子なのか。

そして、色というのはとても大切。何色か聞いておくことで、相手が好きで、なおかつ自分に合った色の服を選ぶことができるからです。

 

【自分が許せる範囲内か(続けられなかったら詐欺と同じ)】

次に、相手の趣味を聞いても自分の趣味を全く合わない場合。

苦痛と呼べるでしょう。

というのも、私は洋服が昔から大好きなのですが、普段着としてロック×モード。が多いのですね。具体的には下記の画像なのですが

ご覧の通り、世に言う男ウケとは程遠いわけです。

しかも、私が洋服の趣味を変えるなんてことは「生きている意味すらもない」くらいな現象だったのだけど、どうしても大好きな人が、絶対に私の洋服を受け入れてもらえないと判断し、好きな人の好きな服を震えながら買いに行きました。

その好きな人の趣味というのも女子アナファッション。

私は、数日に渡り悩みました。

熱が出たかもしれません。

「本当に、これでいいのか?媚びていないのか?楽しめるのか?」

しかし、おそるべし恋心。

気がつけばFRAY IDの前にいたのです。

さて、ここからがまた1つ重要な分岐点になるのだけど、初デートで相手の趣味に合わせて気に入ってもらえたとしても、続けられなかったら詐欺師と同様になってしまう。

だって、そんなのは「美味しいって話題の和食定期購入食品のサンプルを頼んだら、すごく美味しくて契約したのに、次から送られてきたのはインドカレーセットだった」

っていうのと、相手にしたら同じだからです。

続けられるか、というのはとても大切なのだけど、なぜその壁を乗り越えたのか?

それは、運命的な出会いのおかげでした。

スポンサーリンク

許容範囲じゃなかったら、デート服はコスプレとして楽しむ

「正直女子アナファッションするくらいなら、死んだほうがいい」とすら思っていた私は、FRAY IDの店内で絶望にくれていたのだけど、ある店員さんが「かっこいいファッションですね!どこのブランドですか?」

と、聞いてくれたことから始まりました。

「これはifsiwasnineです。なので正直ここのお店の洋服は、可愛いけれど似合う気がしません。でも、大好きな人と会うので見に来ました!」

すると、店員さんは彼の好みで、私に似合う服をたくさん持ってきてくれました。

似合わなくはないけど、戸惑う私に彼女はこう言ったのです。

「デート服はコスプレです。どれだけイベントを楽しむかですよ!」

彼女からは、洋服を売ってやろうという精神は伝わってこなかったので、なぜ、そんなことを彼女が言うのか疑問に思いながらも、私のテンションは一気に上がって楽しみながら洋服を選び出したのです。

そんな中、私は聞いてみました。

「北川さんは、普段どんなファッションをされているのですか?」

すると、なんと偶然にも私と同じロック×モードだった!

そして、過去にお付き合いした男性に同じ言葉を投げかけられた経験もありました。

蛇柄のシャツを着ていたある日「君は輩なの?」

テンション、だだ下がりです。

そして、私達は学んだのです。

イベントを楽しめ!

そして私は今ではFRAY IDの洋服が大好きになったし、自分の趣味の服は友人に会うときとか一人でお出かけのときに着ています。

ファッションの幅が広がったし、何より楽しめているということが大切だと思います。

相手に合わせて媚びるのではなく、自分も楽しんで着る。

それに両思いになれなかったとしても、新しい自分に出会えることは大きな発見だと思います。

私は何でも言ってしまう性格だから、好きな人に自分が頑張って洋服を選んだことを話したけど、自分のために洋服を選んできてくれたことは、素直に嬉しかったみたい。すごく。めっちょ。

目指せ!コスプレ女子!恋勝!

ご予約はこちらから

 

 

スポンサーリンク