人を信じるために必要なこと〜人を信じられないのは自分を信じてないから〜

自分のことを差し置いて他者を信頼することはできない。

上記の記事では、信用と信頼の違いについて詳しく話しました。

人を信じるということに悩む人はとても多く、今回は人を信じるために必要なことを書いていこうと思います。

他者を信頼するためには「自分自身を信頼する」というプロセスが欠かせません。

カレーの味を知らない人がカレーを作れないのと一緒で、信頼とは何かを実感できない人が他者を信頼することは不可能なことなのです。

自分を信頼する(自己受容)ってどういうこと?

では「自分を信頼する(自己受容)」とは具体的にどういうことでしょうか。

それは「不完全な自分を認めること」

自分が今「母親」であれ「妻」であれ「学生」であれ、どんな役割があろうとも「完璧な人間」というのは存在しません。

しかし真面目であれば、あるほどに「こうでなくてはならない」こんな思いで完璧を求めていませんか?

不完全な自分を認めるということは「ありのままの自分を受け入れる」ということです。

「不完全な自分」を認めることは、辛いことのように思う方もいるかもしれません。

ありのままの自分を受け入れないということは「努力しても完璧になれないダメな自分と決めていることと同じです。

今の自分を認め、自己受容するということは「不完全な中で向上するために努力している素晴らしい自分」と認識することができるのです。

だったら、どちらが素敵でしょうか?

「条件付きの信用」ではなく「無条件の信頼」が大切です。

不完全な自分は「無条件の自分」に値します。

自分への信頼は「自己受容」そのもの。

自己受容と信頼は、大きく結びついていて

不完全な自分を受け入れる=自己受容ができる=自分を無条件に信頼することができる=不完全な他者を認められるようになる。

こうして、全てつながっているのです。

自己受容できた人が「他者を受容し、無条件の信頼をできる」ようになるということなのですね。

不完全な自分を受け入れることができれば、不完全な相手も受け入れられるようになります。

「完全でなくてならない」というピリピリした不健康な心では「相手もそうでなくてはならない」という観点から、どうしても人に厳しくなり、応援するどころか足を引っ張ることにすらなってしまいます。

不完全な自分たちを受け入れた上で「どうしたらもっと成長できるか」を学ぶ方が、健康的でお互い勇気づけあえるとは思いませんか?

不完全だということを受け入れた人は「可能性を信じて傷つくことを恐れない人間」になれます。

なぜなら、不完全であること当然なので、失敗しても「不完全な自分がよくここまで頑張った」とプロセスを重視することが可能になるからなのです。

そうして何度もトライアンドエラーを繰り返し、理想の自分へ近づいていくのですね。

 

【「期待」ではなく「可能性を信じる」】

裏切られても笑顔でいられる方法〜可能性を信じて〜

上記の記事のように、「期待」ではなく「可能性を信じる」ことはとても大切なことです。

期待→成功することが前提になるので、失敗した時に落胆する。

可能性を信じる→ということは成功しない可能性も理解しているということになり、またトライすることができます。

スポンサーリンク

人を信じられない理由その2

もう1つの理由として挙げられるのが「自分に嘘をついて生きている」場合。

いくら人を騙せても自分自身には嘘がつけません。

人に嘘をついて生きている自分を自分自身が知っていることにより、他者も信じられないという構図ができます。

人を騙すということは、一見して騙された側が大きい被害者のように見えますが、実は騙している人の方が孤独で苦しく、償えない罪を背負って生きているのかもしれません。

自分に誠実に生きていたら、人のことも信じられるのが健全な人間と言えるのではないでしょうか。

人を信じられない理由その3

それともう1つ、自分ではどうしようもなかった裏切り行為をされた場合

心の傷が癒えるまでは人を信じられない期間があっても「必要な時間」として受け止めて心を休めてあげることが重要です。

私も信じていた人に裏切られたことは何度もありますが、心の回復には時間が必要でした。

信じていた人に裏切られたのにも関わらず、すぐに誰かを信じられる場合は、本当の意味でその人との絆が深いと言えるのだと思います。

そういった人が一人もできなかった場合、裏切られた苦しみから「自分の目利きを信じられない自分」がいる可能性があります。

これも人を信じられないのではなく、根本には自分自身を信じられなくなってしまったことになります。

しかし人間というのは、欲を理性で抑えられなくなる時もあるのが現実で、今まで信じられた人間でも全くの別人に見えるくらい変わってしまうことも少なくありません。

それは相手が変わったのであって自分自身に責任はないことを理解した上で、心を休めて回復させてあげることが大切になります。

ここからは、「平等に皆を信じることができなくてはいけないのか?」について書いていきます。

誰でも信じなくてはならないなんて事はない

今までの内容では、信じるために自分自身を変化させることについて考えてみました。

ここからは、相手について考えていきましょう。

今あなたが無理に誰かを信じようとしているとしたら、信じられない自分を責めているとしたら。

その人は信じるに値する人なのでしょうか?

信じるとは、無理に行うことではなく自然に湧き上がるものではないでしょうか?

前回の記事を踏まえても信じられない場合、相手が不誠実な場合も多く存在します。

相手の定義について考えてみました。

信じるに値しない人とは

この世界には、信じても自分が傷ついて終わるだけの人達がいます。

  • いつも嘘をついている人。(確信はないが片鱗がある)
  • 関係が不誠実である。(不倫関係、浮気相手、セフレ)
  • いつも楽観的で、言うことに一貫性がなく人と向き合うことが出来ない人。(逃げ癖がある)
  • 保身しか考えない人(思いやりがない)

上記が、信じるに値しない人だと思います。

どれにも共通することは、人(自分)を欺いているということ。

「でも、許して信じないといけない」

そう思っているとしたら、そうでしょうか?

不誠実な行いをしているのは相手なのだから、その償いは、誠実になって相手に働きかけることしかできません。

それは不誠実なことをした本人がすることであって、不誠実なことをされた側が努力をする必要があるのでしょうか?

もしも漠然とそうしなくてはならないと思っているのだとしたら、それは執着になっている可能性があります。

執着になると、愛情を失ってしまいます。

不誠実な相手を信じるということは、自分自身を大切に出来ていないということにもなるのです。

無理にどうにかして信じようとしている時点で、自分の気持ちに嘘をついている可能性が高くなります。

「人を信じられない・・」と心を病む前に「この人は信じるに値する人なのかな?」と問いかけてみてほしいのです。

人を信じるために必要なこと。の記事を読んでいる時点でとても心のきれいな人なのだと思います。

そんな人に傷ついてほしくありません。

【特殊なケースとして、過去に不誠実なことをされたけど、相手は更生したにも関わらず長期間、信じることが出来ない場合】

それは、信じられないあなたが悪いのではありません。

まだ心の傷が完治していないのです。

完治していない傷を無理に剥がそうとすると、また血が出てきて更に時間がかかりますよね?

心のかさぶたも、そっとしておくのが一番なのです。

もしくは、その間に相手を失うのが怖いのなら、本人に「誠実になってくれたことは、すごく嬉しいんだけど、あの時の思いが壁になっている。それが辛いの。どうしたら信じられるか一緒に考えてくれたら嬉しい」

と伝えることで「俺(私)はいつ信じてもらえるんだ・・・」から「信じたくても信じることが出来なくて辛いんだな。一緒に乗り越えよう」と、誠実な人なら変化すると思います。

 

【自分の家族や子ども、友人の場合】

これも同様に「また何か不誠実なことをするのではないか・・・」

その不安からきていることが、多く存在します。

その場合も、家族でも子ども、友人でも素直に「あの時、こういうことをされて信じていたから辛かった。今も実は辛い。でも信じたいんだ。一緒に考えて欲しい」

って伝えるは、悪いことではなく、相手も本心が聞けるのでよくなるケースも多くあります。

口に出せないのなら、文章でも構いません。

相手がどんな関係であれ、内容は同じだと思います。

傷の修復には、時間と相手の努力と、自分自身の心の整理が必要なのです。

 

【過去に違う人に裏切られて人を信じられなくなった場合】

あなたは「人を信じたことがいけなかった」って思っていませんか?

私はこう思います。

信じたことがいけなかったんじゃなくて、信じる相手を間違えてしまっただけなのではないでしょうか?

信じたあなたは素晴らしい。

目の前にいる人は、過去のあなたを傷つけた人ではないはずです。

そして、信じたい気持ちもあるはずです。

信じられないのって辛いです。

このケースも勇気を持って打ち明ける必要があります。

なぜなら、相手は何も知らないから離れていってしまうかもしれないからです。

過去の人の不誠実な行動のせいで、いま誠実に向き合ってくれる人を失うのはもったいありません。

さっきも書きましたが、言えないのならLINEや文章でも大丈夫です。

最後に、私の体験談を書きます。

 

【私の体験談】

不誠実だったり、いい加減な人はいずれ孤独になります。

一時的に誰かと傷を舐めあったとしても、またいい加減な自分中心の発言や保身で揉めることになるのです。

そんな揉め事に巻き込まれた経験があるのですが、すごく辛かったのを覚えています。

何もしていないのに、相手を心配な気持ちから正論を言うことで敵扱いされたり。

その後、思ったのです。

「何でこんな気持ちにならないといけないの?」

そして、大切な家族や友人からこう言われました。

「人のために精一杯向き合っているナミを大切に出来ない人たちも好きになれないけど、それでも一生懸命向き合っているあなたを見るのが辛い」

「私は、不誠実な人と向き合っていることで、大切な人までも傷付けていたんだ」

そう思って、すぐに相手の人たちと見切りをつけました。

長い付き合いだったから辛かったけど、今いる大切な人たちと、不誠実な人達の性質が違ったことがわかったからなのです。

大切な人を失わないで欲しいからこそ

信じようとする前に、信じるに値するかどうかをよく考えてみてくださいね。

裏切られて信じられない時の記事かこちら↓

カウンセリングのご予約はこちらから

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スポンサーリンク