女性のヒステリーへの対処法【イライラには理由があるの】

女性のヒステリーで対応に困ったことはありませんか?

女性のイライラには原因があるのです。

今回はその原因と対処法についてお話したいと思います。

動画版↓

スポンサーリンク

原因

原因にはいくつかあります

  • ホルモンバランスの乱れ【自律神経系統】
  • マルチタスクによる詰め込みすぎ
  • 自覚している理由あり
  • 自覚のないイライラ

上記の原因から解決策を探ります。

イライラする理由からを支えたいと思います

まず理由がある場合なんですけれどもそれは自覚しているケースですね。

自覚しているケースのイライラというのは直接あなたに対して腹が立っていることがある、またはすごく忙しくて

女性というのはマルチタスクと言われてるんですねそれはどういうことかと言いますと男性はひとつのことにすごい集中できるでその代わりちょっと他のものが見えなくなってしまうことがあるんでしょうね

女性の場合っていうのは家事をしながら献立を考えたりとか赤ちゃんの鳴き声を聞き取らないといけないっていうところからいろんなことをいっぺんに考える。

その代わり注意散漫になったりだとか、自分のキャパを超えて考えてしまいストレスが溜まるケース。

これも自覚があるかどうかってと人によります。

あとは嫌なことがあったor悲しいことがあった場合ですね。

これは目に見えてわかることだったりとか、誰かと何かあった場合ですね.

自覚していないケースなんですがこれは私もあるなって事なのですけども私はヒステリーとまではいかなくても今日はすごくイライラしてるっていう日があるんですね。

それっていうのは、やっぱりホルモンバランスが崩れて自律神経が整ってない状態の時ってどうしても理由もなくイライラしてしまったりだとか、月経前だったりとかすると、なんかすごく悲しいとかイライラするとかっていうのは結構ある女性がいらっしゃいます。

それでですね、男性にしてみるとちょっとわからないですよね。

なんでそんなにイライラするの?って。

有効理由がある場合の方は、共感できるかもしれないんですが月経前のイライラやホルモンバランスの乱れによるそんなイライラっていうのは分からないと思うんですね。

自分がなったことがないので対処法どうしたらいいのかわからない。っていうのが一番大事なところだと思うんですがまず理由があってもないにしても共通して言えることがあります。

対処法

まずは、

「どうしたの?大丈夫?」と聞くことです。

批判はしないのが鉄則ですよ。

自覚あり↓

協力できることを探す

自覚なし↓

同じく協力できることを探しつつ、休むことを提案

「人間だからそんなこともあるよ」と受け止める

てあげることも素敵ですね。

もっと詳しくご説明すると、

まず「どうしたの?大丈夫?」いうふうに聞いてあげることなんですね。

聞いてあげると本人も「何でこんなにイライラしてたんだっけ?」とか何やらしてるんだろうと思って「実はこの前こんあことがあってね」とか

「あなたねってこうでしょう」って言う。それとお互いに解決しあう方向に目を向けて話していれば、じゃあこれからこうしようかとか、この部分ごめんねとかっていう会話になる。

大事なポイントがありまして、あの気づいてないケースでも、そのあれどうしてだろうな?っていう時に先ほどお伝えした知識を持っていると「もしかしてちょっとなんかホルモンバランスの乱れとかなのかなー?」

とかっていうこともお伝えできると思うんですね。

すると女性もそうかもしれないって、じゃあちょっとね婦人科に行って診てもらってねって漢方薬とかもあるみたいだよとかって言うと、考えてくれてるんだわって思うだけでもちょっと落ち着いたりだとか。

それを急処置という会社かもしれませんけれども、すごく女性はそう言う気持ちを大事にしてますね。

よくありがちなんだなって思うんですか、してしまう男性が「そんなもん何とかしろよ」とか「俺には関係ないだろ」

そう言ってしまうと例えば女性が何の仕事から男性が帰ってきてすごく疲れていて嫌なことがあったのに、「イライラ持ってこないでよ。私と関係ないでしょ」って言わたら悲しいと思うんですね。生活の延長でしょってなると思うので

もちろんあまりにもヒステリーがひどすぎる時ってありますよね。

そういう時は「人として、言っちゃいけない事なんじゃない?」ってはっきり伝えるのが大切ですね。っていうのは

「どんなにイライラしても言っちゃいけないと思うんだよねってイライラ治めるためどうしたらいいのかを一緒に考えることはできるけど、言っちゃいけないことは言わないでほしい」っていう。

怒って言わないことが大切です。悲しいんだよっていうことを伝えることが大事だと思います。

本人が自分をすごく責めてることもあるんですね。

こんなにイライラして私何やってるんだろうって。

私もなんですけど、理由もなくホルモンバランスでイライラすると周りに申し訳ないなっていう気持ちになっちゃうんですよね。本当に余計かって言うと拍車をかけて困って鬱になっちゃったりとかする方もいらっしゃいますので

そういう時は、「人間だからそんな日もあるよ。しょうがないよ」って言ってあげると治りやすくなります。うちの娘が今ちょっと早い思春期でして

自覚ありの場合なんですが、あなたに対して腹が立ってるって言う時は二人で話し合いをして改善したほうが良いですよね。

他の人の場合は、ってなやっぱりなかなかその人がいないところで解決ってのは難しいかもしれないのです。

けれども例えば職場でのことだったらもっと何かやり方を考える愚痴を聞いてあげるとかっていうのもありますし、後はそのすごく仕事量が多い変なのよ主婦の方だったりとかする場合っていうのは「じゃあ僕はねここの部分ができるよ」とかこれねってあのしなくてもいいかもしれないよね多少汚くてもイライラしてない方が心にもいいし僕もいいなって思うんだ」

そういう解決法を探ってあげるって大事ですね。

自覚ない場合なんですけども、これは当てはまるかなと思うんですが、休みを提案してあげることはすごい大切ですね。

例えばこうすぐにじゃあ明日からねって言葉で解決したから解決できるものではないと思うんですね。

んでちょっと休む時間を作ったらお風呂はゆっくり入ってみたら?とか。

今度の休みはちょっとね、もう家のこととかも仕事のこと考えないでちょっとぼーっとしてみるとかしない?って。

心と体を休めるっていう事がすごくヒステリーというストレスには効くんですね。

暇になるぐらいまでしてしまうと、逆に暇っていう人の心を病ませてしまいますのでそこまで休みすぎて鬱になってしまったりとかしたら別なんですが、イライラヒステリーっていう場合は程よく休むことを提案してあげるってすごい大切ですね。イライラしないように

助け合える関係を築けて皆さんが、幸せになれたらいいなと思います。

スポンサーリンク