女は「最後の女」になりたい。【大人の男性だから叶えられる】

男性は女性にとって初めての男性になりたい傾向にありますよね?

それは「真っ白な女性」がいいとも言えます。

一方女性は「最後の女」になりたいんです。

何歳になっても「いつか白馬の王子様が現れる」と信じたいのが女心。

それを叶えられるのは大人の男性なんです。

今日も一緒に頑張って、悩みを自信に変えましょう。

 

本日のお悩み相談。
僕は今年で40歳です。
若い女性が好きなのですがなかなか若い女性にアプローチができません。
若い女性は若い男性がいいのだろうな。と思うんです。
僕のような年齢でも、若い女性に需要のある人ってどんな人ですか?
知っていたら教えて下さい。
スポンサーリンク

女は「最後の女」になりたい。【大人の男性だから叶えられる】

説明動画⬇

こんな光景を見た頃はありませんか?

キャバ嬢でもないのに明らかに若い女性と腕を組み絶対カップルであろう二人。

実は結婚していたなんてことも。加藤茶さんは初めはお金目当てだ何だと言われていましたが奥さんは本当に加藤茶さんを愛している事がここまでの二人の関係性を見ると肯定せざるおえませんよね。

では財力ではないなら何!?

それは、最後の男性になることです。

先程、男性は初めの男性になりたい=真っ白な女性

とお伝えしましたが、女性は

最後の女になりたい=完成された男性がいい。んです。

だからこそ、紳士的で大人な男性が好まれる。

もちろん財力はあったほうが良いですよね。

見た目も色気のある「おじさま」でいることが大切。

しかし心のつながりを求める傾向にある女性は精神的に成熟した男性を好みます。

特に、経験を積んで魅力的になっていく女性は冠されて男性でないと釣り合いが取れません。

男は5才児なんて言いますが、それは夢や希望への姿勢であって私生活や女性への振る舞いが5才児では、ご説明するまでもなく大人な男性には勝てません。

S級メンズ思考とは大人な男性ですよね。

若い男性がいいという女性もおますが、大人の男性にしか出せない魅力もあるのでそこに注力するというシンプルな思考だけでモテモテになれるんです。

けれど、それを知らない男性が多いんですよね。

だからこそ更に他の男性に差別化を図れますよね。

小手先のテクニックではなく取り巻くオーラで勝負していただきたいと思います。

私のS級メンズコーチングに来られた方で、コミュニケーションスキルを学んだだけで一気にモテだした人や気遣いを学んで奥さんと冷えた関係からまた仲良く慣れた男性がたくさんいらっしゃいます。

男性に素質がないのではなく、やり方を知らないだけだと日々痛感します。

成熟した人間は我慢強い人間よ…今、何もかもほしいなんて思わない!

ルーシー(スヌーピー)

一つひとつの積み重ねが最後の男性になるオーラを作るのだと思います。
スポンサーリンク