優柔不断を治す方法。

「あなたって決断力があって男らしくて素敵」って言われたら嬉しくありませんか?

そうはいっても、なかなか決断力がつかなくて方法もわからない。と多くの方が実は悩んでいます。

実は決断力を付ける方法があるんです。

今日はその方法をご紹介しますね。

その前に今日のお悩み相談です。

「僕はなにかにつけて決断力がなく、優柔不断と言われます。レストランでもメニュー選びに悩み、仕事先でも企画立案に悩むこともしばしば。それが原因で彼女にフラれたこともあります。決断力の付け方を教えて下さい。」

説明動画↓

スポンサーリンク

優柔不断は悪いことばかり?

実は優柔不断って悪いことばかりではないのですね。

その理由として

・考察力があるとも言えます。悩むほど選択肢を出すことができるのです。

その素敵な部分を残しつつ決断力を付ける方法をご紹介します。

・結果を想定する。(より大きいコミュニティを優先する)

それによって起こる未来の利益。→大きい利益を優先する。(より大きいコミュニティを優先する)

例えば今日、あなたはハンバーグが食べたい。

一人であればハンバーグを迷わず食べるはずです。

しかし、家族と一緒であればどうですか?

自分一人の利益のためにハンバーグを選んだとする。

しかし、家族はみんなカレーが食べたかった。

一人だけ満足して幸せでしょうか?

それならば、家族みんなの望むカレーを仲良く食べる方が笑顔で過ごせませんか?

もしくは家族で話し合い、みんなが食べたいものにする。

いつも自分だけ我慢しろと?

そうではありません。

個人それぞれが、自分より大きなコミュニティを優先して生きていけば、その姿を見て学び、家族ものちに譲り合うことを覚えるということです。

相手だけでも自分だけでもなく、お互いの利益を考えるということですね。

・結果により学べることを考える。(一人のケース)

おなじみメニューなら。

マイナス面はおなじみメニューは安定は得られるが新発見がない。

新メニューなら、マイナス面は失敗すればまずい思いを、プラス面はドキドキ感を美味かったら新レギュラーが増える。

お気づきの方のいらっしゃるかと思いますが、何を選択しても−と+の側面があるのですね。

・選ばないという選択肢が責任逃れの場合。

選ばないことは永遠に選べないというここと、そのしわ寄せはいつか自分に襲いかかるとしる。

時間は戻らないので、選んだほうがスッキリするばあいも。

人生は選択の連続ですが、一番重要な選択は、あなたの心の内でおこなわれる選択です。

ジョセフ・マーフィー

実は心のなかで人は答えが決まっているものなのかもしれません。
今話している私の声ではなく、自分の心の声を聞くべきなのかもしれませんね。
スポンサーリンク